ID: password:


TOP お知らせ お問い合わせ

 
メニュー
各セクションの活動
被災者支援活動

特集





お知らせカレンダー
<  2017年04月  >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

>>すべての記事を表示

RSS「UMからのお知らせ」のRSSフィードは以下のURLから取得できます。

お知らせ : 自分たちができること
投稿日時: 2016-11-19 21:00:00

皆さん、こんばんは。

 
前節の町田戦から早くも1週間が経ちました。
こちらは自動昇格を懸け、相手はプレーオフ出場を懸けた試合でしたが敢え無く敗戦。
クラブ新となる16戦負け無しの記録も止まり、順位も一つ後退となりました。
長いリーグ戦の中の1試合と言えばそれまでだけれども、重要な一戦と捉え、皆んなで精一杯の気持ちを込めたサポートをしたことと思います。
 
そんな中での敗戦。
試合終了のホイッスルが鳴った直後、ただただ悔しかったというのが正直なところ。
だが、ゴール裏へ選手が挨拶に向かってくる中、
「今選手のためにできること」は何か「チームのためにできること」は何か。
あの短時間でこれらを考えた時には、次に向けて前向きな言葉をかけるという選択肢しかありませんでした。
 
町田戦前の決起集会でも言いましたが、決して今シーズンは順調な出だしではありませんでした。
昇格後の事も見据え、昨年までとは少し違ったサッカーでチーム作りをしていくなか、序盤こそなかなか結果が振るわない時期もありました。
年間を通して怪我人も相次ぎました。中にはチームの精神的支柱である田中選手の離脱もありました。
ですが、その度に起用される選手がチャンスを掴み、活躍する事でチームは力をつけてきました。
点取り屋と呼ばれるフォワードのみならず、中盤、ディフェンスどこからでも得点が生まれ、試合ごと代わる代わる登場したヒーローは、今年のチームの特徴と言えると思います。
選手はチームの期待にも応え、また僕らの応援にも結果で応え、まさに「一心」で共に戦ってきました。
その結果チームはここまで81もの勝ち点を積み重ねてきました。
2年前の昇格時には及ばないものの、私はこの数字に自信を持って良いと思っています。
 
やるしかない状況になりました。
最終戦、より選手の背中を押す応援、心に響く応援をしたいです。
言葉、動作、表情をいつも以上に意識したいと思います。
感情をコントロールすることはなかなか難しいですが、これらをコントロールすることは比較的容易なはずです。
言葉、ポジティブに前向きな言葉を発する。
動作、下を向かない。良いプレーに拍手をする、反応する。
表情、暗く悲しい表情をするのではなく、明るく楽しく。
どうですか、簡単じゃないですか?
 
今さら、新しいもの特別なものは必要ありません。いつもの事をいつも以上に。
僕らがプレーするわけでもなく、どんなに精一杯の応援をしてもボールを動かすことは出来ないけれども、選手の一歩を後押しし、ゴールを呼び込む力をサポーターは持っています。
これは、ゴール裏だけではなくて、メインスタンドも、バックスタンドも。
今一度、これらを一人一人が意識をすれば最高の雰囲気でアルウィンを包めるのではないかとワクワクします。
必ず、選手に伝わり力になるから。やっていこう。
 
今シーズンのリーグ戦も残り1試合、90分だけとなりました。
過去を変えることを出来なければ、未来を作る事もできません。
今僕らにできることは何か、どうすれば選手を応援でのせられるのか。
ここまできたら悔いなくみんなで最後までやっていきましょう。
今更何も恐れることはない。クラブもサポーターも残り1試合に全てを出し切るだけ。
明日の試合終了のホイッスルが鳴った頃にはどんな結果になっているかはまだわからないけど、泣いても笑ってもあと1試合。
このチームで戦える今シーズンもあと少し。
 
試合後、みんなが笑顔でいられるように。
明日もみんなで作り上げよう。
よろしくお願い致します。
 
コールリーダー たかのり


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

back to top


**** ウ ル ト ラ ス マ ツ モ ト Web Site ****

Copyright © 2010 ULTRAS MATSUMOTO All Rights Reserved 全ての画像・文章の無断転載を禁ず。