ID: password:


TOP お知らせ お問い合わせ

 
メニュー
各セクションの活動
被災者支援活動

特集














お知らせカレンダー
<  2021年11月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

>>すべての記事を表示

RSS「UMからのお知らせ」のRSSフィードは以下のURLから取得できます。

お知らせ : J昇格へ向けて最後の後押しを
投稿日時: 2011-11-25 06:00:00

2011シーズンのJFLも、震災復興支援試合を除き、残り2戦となりました。

悲願のJリーグ昇格へ向け、チームもラストスパートを掛け、結果を残してくれています。
しかし、昇格のためにはまだ勝利を積み重ねなければなりません。
僕ら松本山雅に必要とされるのは、この最終局面を最高の成績で終えることです。
そのために、我々サポーターもチームに最後の後押しをしたいと考えています。


この大一番へ向け、我々サポーターに何ができるのか。
どうすればチームにとって最高のサポートができるのか。

それを考えたとき、まずはメインやバックで山雅を応援する皆様に協力を得ることが最善だと判断しました。

山雅の応援は、ゴール裏だけで成り立っているものではありません、
拍手や歓声でプレーに反応し、会場の雰囲気を盛り上げる。
そして盛り上がった時にゴール裏の応援に手拍子などで応え、チームをより勢いづける。
アルウィンの雰囲気は、そんなメインやバックの応援無くしては有り得ないものだと思っています。

2005年の北信越2部から1部への昇格。
2009年の地域決勝を突破してのJFLへの昇格。
またそれに至るまで数々の壁を、僕らはスタジアム全体を巻き込んで戦い、突破してきました。
だからこそ、この最も重要な場面でスタジアム全体が一つになってサポートしたいと思います。

そして、皆の想いをどうチームに伝えていくかについて。
今回はそれぞれの想いが込められた横断幕や旗を使った応援で、選手を後押しします。

メインスタンドの山雅サポーターの皆さんには、全選手27名分の横断幕を掲げていただきます。
この27の横断幕の中には、もちろんマツの横断幕も含められています。
スタメンもリザーブも、メンバー入りできなかった選手も、怪我をしている選手も、そしてマツも。
全員の横断幕を掲げ、僕らは全員で戦うんだということを伝えます。

バックスタンドの山雅サポーターの皆さんには「雷鳥は頂を目指す」の横断幕を掲げていただきます。
作成以降いつも一緒に戦ってきた、我々にとって思い入れがあり、最も重要な横断幕です。
そして、いつかJ昇格を賭けて戦う日のために、まさに今この時のために作られた横断幕でもあります。
これを掲げ、ここまで積み重ねてきた想いと、絶対に昇格するんだ、という気持ちを伝えます。

そして、ゴール裏やメイン・バックの横断幕を掲げないエリアの皆さんにもやっていただきたいことがあります。
それは、各自で旗を持ってきてほしい、ということです。
旗はどんなものでも構いません。
手作りのものでも、グッズのMフラッグでも、紙やビニールで作った即席フラッグでも大丈夫です。
それぞれが持ち寄った旗を一斉に振ることで、一人ひとりが山雅のため戦うことを伝えます。

そして時間についてですが、選手がウォーミングアップを行っている時間に行います。
これは、試合が始まる前から今日はやるぞ!というスタジアムの雰囲気を作ること。
そして、控えの選手も含めてより多くのチーム関係者にピッチで感じてほしいという思いからです。

そのために、皆様にはキックオフ1時間前までのご来場をお願いします。
より多くのサポーターに作戦に参加していただくことが、選手に力を与えます。
作戦開始時には気持ちの準備をして、各自の席でスタンバイしていただけると大変助かります。

山雅の特徴の一つは、観戦場所などに関係なく、サポーターがチームの為に愛情を注ぐのを惜しまないこと。
多くの仲間が、クラブの為に一つになって戦えることです。
そんな山雅サポーターの良さを最大限活かすために、メインやバックを含めた皆さんの力をお借りしたいと思います。
スタジアム全体、一人ひとりから熱い想いを届けていきたいと思います。
皆様のご協力をお願いします!

作戦の詳細は、当ブログ記事にてアップしておりますので、ご確認をお願いします。

> ALL AROUND THE FLAGS作戦実行のお知らせ (ULTRAStyle)


震災復興支援試合を除けば、これが最後のホームゲームとなります。
他会場の結果も気になるところではありますが、まずはこの試合に勝つことが重要ですし、僕らには山雅を勝たせるほかにやれることはありません。
だからこそ、今こそ山雅が一つになって、共に戦い、勝利を掴むこと。
それだけに集中し、やれることを全力でやっていきましょう。

思い返せば、こういう状況を僕らは何度でも踏み越えてきました。
一人の力ではなく、全員の力を合わせ、最後の最後まで諦めずにやってきました。
そうして、ようやくJリーグまでもうあと少しというところまで、来ることができました。

昇格を掴むために、もうあと少しだけ、頑張らなければなりません。
その少しをを満たすために、皆さんの力をお借りして、チームへの後押しとしたいと思います。

クライマックスはもうすぐそこです。
みんなで一つになって戦い、絶対に昇格しましょう!
応援へのご協力をお願いします!!


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

back to top


**** ウ ル ト ラ ス マ ツ モ ト Web Site ****

Copyright © 2010 ULTRAS MATSUMOTO All Rights Reserved 全ての画像・文章の無断転載を禁ず。