ID: password:


TOP お知らせ お問い合わせ

 
メニュー
各セクションの活動
被災者支援活動

特集














お知らせカレンダー
<  2020年10月  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

>>すべての記事を表示

RSS「UMからのお知らせ」のRSSフィードは以下のURLから取得できます。

お知らせ : 金沢戦を前に
投稿日時: 2010-09-25 12:30:00

 今季の目標であるJリーグへの昇格に向け、松本山雅は入会予備審査を受け、これを通過しました。 
審査を通じ、会社組織の整備などのクラブが改善しなければならない点は複数提示されました。 
しかし、それ以外にも昇格する為に絶対に満たさなければならない基準があります。 
それは、このJFLで4位以内に入ることです。 

現在、山雅は4位と勝ち点6差の8位につけています。 
そして、リーグは残り9試合。 
昇格するためには、ここからは全ての試合で勝つぐらいの気で行かなければ、逆転することはできません。 
生き残りを賭けた厳しい競争の中に、いま、僕らはいます。 

今シーズンのこれまでの戦いは、決して順風満帆ではありませんでした。 
鳥取や町田には力の差を見せつけられた。 
栃木UVAにはホームで2点差をひっくり返された。 
前期、琉球やびわこに勝つまでの連敗も苦しかった。 

先週の秋田でのブラウブリッツ戦は、そんな今までの苦しさを払拭するような戦いぶりでした。 
久々にスタメンを勝ち取った陽介や石田はゴールという結果を残したし、優や憲太も最後まで献身的に走り続けた。 
スタメンが続く選手も、猛暑や日程で体力が削られる中、本当によくやっていたと思う。 
目指すサッカーの試行錯誤が続き、怪我人も続出し、決して万全ではない状況。 
それでも最大限の努力をして、気持ちのこもったプレーを見せた選手たちの姿に、胸を熱くしたサポーターは決して少なくなかったはずです。 

だからこそ、次は僕らが選手を熱くする番だと思います。 
「諦めない」ということを自らの姿で教えてくれた選手たちに、今度は僕らが「諦めない」という意思を返す時です。 
秋田での選手たちのように、最後の最後まで持てる力を振り絞り、全力で戦いましょう。 
そして皆でJへ行くために、何が何でも望みを繋げ、生き残りましょう。 

今年は地域リーグの時と違って、昇格できないことがクラブの存在を揺るがしたりはしないのかもしれません。 
昇格自体、急ぐ必要は無いと考える人もいるかもしれない。 
だけどそれでも、残っている可能性は必死に追い続けたいんです。 
あの選手たちの姿を見たら、そう思わざるを得ない。 
何としても、彼らの想いに応えたい!今はそれが全てです。 

いろいろな選択肢がある中で、自分のサッカー人生をこのクラブに賭けてくれる選手たち。 
彼らがサッカー選手として第一線でプレーできる時間は、決して長くはありません。 
それでも、ある選手は子供の頃からの夢を叶え、最高の舞台でプレーするために。 
ある選手は、もう一度、かつて自分がいた場所にチャレンジするために。 
そして、自分たちを応援する人々を笑顔にするため、クラブを背負って戦ってくれている。 
彼らの努力が作りだす歓喜の瞬間が、僕らの人生の彩りとなり、日々を生きる活力をくれる。 
僕らが彼らから受け取っているものは、本当に掛け替えの無いものだと思います。 

だからこそ、彼らを輝かせるために、僕らも全力で戦いましょう。 
叫び、想いを伝え、心を震わせるような応援をしましょう。 
共に戦う、仲間ならば。 

何となく試合をして、何となくシーズンを終わらせたりなんて絶対にしたくない。 
今の状況を嘆くぐらいなら、最後まで足掻こう。 
戦い続けよう。 
彼らが報われるように。 

俺たちは、「お前ら」と一緒に昇格したいんだ。 
心を一つにして、共に行こう。最後の最後まで。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

back to top


**** ウ ル ト ラ ス マ ツ モ ト Web Site ****

Copyright © 2010 ULTRAS MATSUMOTO All Rights Reserved 全ての画像・文章の無断転載を禁ず。