ID: password:


TOP お知らせ お問い合わせ

 
メニュー
各セクションの活動
被災者支援活動

特集














お知らせカレンダー
<  2020年05月  >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

>>すべての記事を表示

RSS「UMからのお知らせ」のRSSフィードは以下のURLから取得できます。

お知らせ : 拍手のお願い2013
投稿日時: 2013-11-09 17:00:00

長かったJ2のリーグ戦も、残すところ3試合です。 
    
現在、39試合を終えての僕らの順位は7位。
プレーオフ圏内の6位以内までもうあと少し。
まさにラストスパートが必要な状況で、この最終局面を迎えています。 
    
地域決勝やJFL終盤戦など、僕らは今まで幾度となく、土壇場を経験してきました。
その度にいつも、こんなことを考えてきました。 
 
「いま、僕らにできることは何なのか」
    
「ピッチで戦う選手たちの力になるために、どうすればいいのか」
    
「みんなで勝利を掴むために、今こそやらなければならないのではないか」 
 
結果的に、それで動いたことがどれだけ勝負に影響したかは分かりません。
しかし、そこで何かを動かそうとしたから、今の僕らがあるのだと思っています。
何もせずにただチーム任せにしていたら、きっと僕らのあり方は違うものになっていたでしょうから。 
    
==========    
 
さて、前置きはこんなものにしておきます。
とにかく、やれることは何でもやりたいじゃないですか。
愛するクラブのために、できる限りのことをしたいじゃないですか。

だから、ここでもう一度あの企画を掘り起こします。

『みんなで作ろう!日本一の拍手!』


□ ホーム3連戦 拍手企画に関する御礼
    
□ 
3つの拍手について     
    
□ 
日本一拍手に満たされたスタジアムへ

----------

「拍手」それは最も基本的な応援

どんな人でも気軽に参加でき、自分から周囲へ、そしてスタジアム全体へと拡げることができます。
良いプレーを褒め称える拍手は、ピッチで戦う選手たちを大いに勇気づけます。
また、大きな拍手によって作り出される圧倒的なホームの雰囲気は、初めてスタジアムに訪れた人々でさえも魅了するでしょう。

アルウィンをより盛り上げるために。
そして、もっとサポーターがチームの力になるために。
僕たち山雅サポーター全員の手で、「日本一の拍手」を作り出しませんか。

----------

昔から、僕らは拍手は大事にしてきました。
それは、ゴール裏だけでなく、他のスタンドからも参加しやすい応援だからです。
更にプレーに呼応した拍手は、選手と一丸となって戦う空気を作り出します。

----------

1.選手のいいプレーには盛大な拍手で勇気づけよう
 
2.ここぞというときには歌に手拍子を合わせて後押ししよう
 
3.大きく響くよう、なるべく拍手は頭の上で元気よくやろう

----------

皆さんにお願いすることは、ほとんど変わりません。
何度も同じお願いで芸が無いと言われるかもしれません。
しかしそれでも、これが僕らがクラブに対してできる最善の手なのだと考えました。

----------

決して強制はしません。
強制しないと実現しないようなものが、根付くとも、山雅のためになるとも思ってはいません。
これが観戦スタイルの邪魔になるという方に無理やりお願いするようなことは、僕らにとっても本意ではありませんし。
もっと良いアイディアがあるという方は、それを実践していってもらってももちろんOKです。
人それぞれに楽しみ方があるのは当然ですし、多様性だってある方が面白いのですから。

ただ、一つ主張させていただけるのであれば。
一人ひとりから生まれて、ここぞというときには一つに合わさる、アルウィンの拍手。
僕個人としては、なかなかこのクラブらしく、いい応援スタイルなんじゃないかと思っています

----------

すべては皆さんの意思に委ねます。
クラブのためになるのであれば、方法は拍手じゃなくたっていいです。
各々がやれることを、やれる範囲でやりましょう。
それらが一つに合わされば、きっと勝負を動かす力にもなり得るのだと信じています。

ここまで来たんですから、やれることは何でもやりましょう。
最後の最後まで本気を貫き通しましょう。
その先に何が待っているかは分からないけど、動かないより動いた方が、きっと僕ららしいはずです。

山形戦、みんなで一つになって最高の試合にしましょう!
応援よろしくお願いします!


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

back to top


**** ウ ル ト ラ ス マ ツ モ ト Web Site ****

Copyright © 2010 ULTRAS MATSUMOTO All Rights Reserved 全ての画像・文章の無断転載を禁ず。