ID: password:


TOP お知らせ お問い合わせ

 
メニュー
被災者支援活動

特集














お知らせカレンダー
<  2018年11月  >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

>>すべての記事を表示

RSS「UMからのお知らせ」のRSSフィードは以下のURLから取得できます。

Howling : アウェイ大分戦
投稿日時: 2018-10-26 10:00:00

Howlingのヒキタユキナリです。

今年のJ2がかなり混戦な状況をみても、勝ち点3を掴み取るのが本当に難しいシーズンだなと実感してます
それでも今この順位にいる事ができるのは、日頃の厳しい練習等、頑張ってくれてる選手、監督、スタッフをはじめ、山雅に関わる全てのみんなの努力のおかげだと思います。
そんなみんなの日々の努力が、最高の結果として報われてほしいと心から願うからこそ、その為にサポーターとして何ができるのか、ほんの少しでも選手の力になれる事はないか、ず〜っと考えてます。
 
選手が一番良い状態でプレーできるのは、過度な緊張がなく、自信を持って、迷いなく思い切ってプレーができてる時だと思うので、そういう状態に如何に近付けられるか。
 
声援はもちろん、ナイスプレーには声掛けや拍手をしたり。
ミスしたとしても、ミスしようとしてミスする選手はいないし、人生をかけてプレーしてる本人が一番悔やんでると思うので、切り替えて次は成功させるような声掛けをしたり。
視覚的にも、客席が視界に入った時に動きがないよりもあった方が、相手には脅威を、味方には力や勢いを与えられるんじゃないかと思うので、少しでも高く跳び跳ねたり。
なので、得点チャンスの時はもちろん、手前からのゴールキックの時に選手がこっちを見てる瞬間は少し高めに跳んでみたり。
勝利の為には審判だって味方にしたい。
審判も人間なので、いつでも100%の正解を出せる訳ではないし、瞬間的、角度的に見えない事もあると思います。
試合後、審判も評価はされるので、それはそっちに任せて、今、目の前の試合を如何に有利に持っていくか。
審判は敵ではないので、ミスジャッジがあっても「見えなかったかもしれないけど今のは逆だよ〜?次は頼むよ!」って、言い方を少し気を付けるとか。
相手選手が審判に見えない角度で手を使って引っ張ってたりしたら、「引っ張ってる!」ってアピールする事で相手もやりづらくなるかもしれないし、審判も角度を変えて見てくれるようになるかもしれない。
 
等々、いろんな事をやってみたとしても、もしかしたら効果はないかもしれません。
ないかもしれないけど、サポーターにできる事なんて限られるし、山雅の為にできる事なら、なんでもやりたい。
運さえも味方にしたい。
選手達の血の滲むような努力が報われてほしい。
だってあんなに何度も、競り合いで相手に削られたって、また立ち上がってマイボールにしようと頑張ってくれてる選手や、体力的にキツい終盤なのにチャンスで掛け上がった直後にまたダッシュで戻ってる選手を見たら・・・。
たとえ、99%効果がなかったとしても、1%でも効果があるなら、なんだってやりたいです。
 
スタジアムの雰囲気を作れるのはスタジアムにいる一人一人なので、一人が少しでも行動すれば、その分だけ雰囲気が変わります。
今週はAWAYなので、いろんな事情があって大分まで行けない人も、その思いは間違いなく大分まで届きます。
その思いを全部背負って、大分で勝たせて来ます!
みんなの思いを一つにして、絶対に勝ちましょう!
全ての思いはココにある!


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

back to top


**** ウ ル ト ラ ス マ ツ モ ト Web Site ****

Copyright © 2010 ULTRAS MATSUMOTO All Rights Reserved 全ての画像・文章の無断転載を禁ず。