ID: password:


TOP お知らせ お問い合わせ

 
メニュー
各セクションの活動
被災者支援活動

特集














お知らせカレンダー
<  2021年12月  
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

>>すべての記事を表示

RSS「UMからのお知らせ」のRSSフィードは以下のURLから取得できます。

お知らせ : ULTRAS MATSUMOTO から再度、提案です。
投稿日時: 2011-05-09 23:00:00

Share 私たちは、私たち自身が出来ることから始めませんか?


この提案に多くのご賛同・ご協力をいただいております。
しかしながら先日、オフィシャルより「STOP!迷惑駐車」の案内がありました。

>>「STOP!迷惑駐車」について (松本山雅FC)


非常に残念なことですが、我々サポーターが解決しなければならない問題です。

迷惑駐車が起こるのは、ホーム・アルウィンだけではありません。アウェイのスタジアムでも起こりうる可能性があります。
アウェイにもたくさんの山雅サポーターが来場していますが、アウェイのスタジアムの駐車場にも限りがあります。
駐車場が埋まってしまえば、迷惑駐車も起こりうる状況になるでしょう。

そこで、ホームでもアウェイでも「STOP!迷惑駐車」を実現させるため、さらなるshareを提案します。

share
≪アウェイには、バスツアーで行きませんか?≫
バスツアーに参加した組の車の台数分だけ、駐車スペースが生まれます。
長距離運転の心配もありません。それに、帰りの車内では参加者の皆さんと勝利の喜びをシェアできます。

>> 松本山雅アウェイツアー(JTB中部 松本支店)


share
≪アウェイにも、乗り合いで行きませんか?≫
仲間や友達と一緒に、家族や恋人と一緒に。
みんなと共に、アウェイへの遠征の楽しさをシェアする。
 

JFL全てのスタジアムで「STOP!迷惑駐車」

限られた駐車スペースを最大限に活用できれば、山雅サポーター、相手クラブのサポーター、そしてJFLを愛するサポーター、たくさんの方に試合を見に来ていただくことが可能となります。
JFL・日本フットボールリーグは、年間観客動員50万人を目指しています。
乗り合いで生まれた駐車スペースを活用して観客を動員し、多くのサッカーファンとJFLの面白さをシェアする。

『 私たち 』 は 『 私たち自身 』 のために、出来ることから始めませんか?


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

back to top


**** ウ ル ト ラ ス マ ツ モ ト Web Site ****

Copyright © 2010 ULTRAS MATSUMOTO All Rights Reserved 全ての画像・文章の無断転載を禁ず。