ID: password:


TOP お知らせ お問い合わせ

 
メニュー
各セクションの活動
被災者支援活動

特集














お知らせカレンダー
<  2019年12月  >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

>>すべての記事を表示

RSS「UMからのお知らせ」のRSSフィードは以下のURLから取得できます。

投稿日時: 2010-09-04 19:00:00

皆さんは天皇杯という大会に、どんな印象をお持ちでしょうか。
日本唯一、プロからアマチュアがまでが同じ舞台に立ち、ノックアウト方式で日本一を決める天皇杯。
恐らく、多くの山雅サポーターにとって、とても印象深い大会となっているのではないかと思います。

2年前の平塚では、湘南ベルマーレをPK戦の末に撃破。
昨年は浦和レッズをアルウィンに迎え、2−0の快勝。
いずれも戦前の予想を覆し、大会史に残る程のアップセットを演じてきました。

そのようなJクラブとの戦いの中でも、今回の甲府との対戦は特別なものなのかもしれません。

最も身近なJクラブ、ヴァンフォーレ甲府。
距離が近いことで、クラブ間では練習試合や選手の移籍元としても深い関係があります。
サポーターの中でも、個人単位の交流はいくらでもあるし、山雅サポの中には甲府を応援していた人も沢山います。
あらゆる意味で、甲府は僕らにとって一番身近なクラブと言えるでしょう。

そんな甲府と、遂にぶつかる時がやってきました。

今までのようなフレンドリーマッチでも無ければ、練習試合でも無い。
お互いの意地と誇りを賭けた、正真正銘の真剣勝負となります。

甲府はカテゴリーは上だし、会場はアウェイの小瀬で、その上日程もこちらの方が厳しい。
でも、そんなことは俺達には何の関係も無いんですよ。
やるからには全てをぶつけて戦うし、身近だからこそ絶対負けられない。

甲府は俺らに対しては、当然勝つと思ってるはず。
でも、侮られたままじゃ我慢出来ない。
だから、そんな甘い予想は俺らがねじ曲げてやりましょう。
それで甲府を本気に、必死にさせてやりましょう。
そんな本気のぶつかり合いだからこそ、やっつける瞬間が最高に気持ち良いはずだから。

過去二度のアップセットではいずれも、本気で上を倒そうという意思の強さがピッチにもスタンドにも表れていたと思います。
だから、また日本を驚かすようなデカいことを起こすために、今回はあの時以上に高い意識で戦いましょう!
自分たちがあの時以上に強くなったと示すためにも、今の松本が出せる最高を見せてやりましょう!

小瀬での甲府サポーターは、いつも圧倒的な雰囲気を作り出してきます。
だからこそ、引っ繰り返すには俺らはいつも以上にやらなきゃいけません。
小瀬の空気がいつもと違うものになるぐらいに、熱く戦おう!
選手たちが、その熱に応えてくれると信じて!!


信州松本の誇りに賭けて、甲府には負けられない。

松本が同じ舞台にやってきたって、思い知らせてやりましょう!

熱い気持ちを込めて、行こう!!


投稿日時: 2010-08-28 00:00:00

信州の王者を決める県サッカー選手権大会の決勝が近づいてきました!

そして相手があの長野!
これは盛り上げていくしかない!

この試合は信州ダービーとなります。
ダービーといえば、山雅が上を目指して戦っていく中で、常に避けては通れないもの。
僕らがどの道を通るにしても、必ず長野との戦いは待ち受けていました。

しかし、今年は状況が今までとは異なります。
山雅が昨年、JFLに昇格したことにより、ダービーはこの県選手権でのゲームのみ。
長野は「どんな時も立ちはだかる相手」では無くなりました。
その上、カテゴリーも1つ違い。
このような状況の中で、長野に対して以前ほど特別な感情を抱きにくい部分はあるのかもしれません。

しかし、本当にそれで良いのでしょうか。
僕は思うのですが、長野との戦いの歴史は、そのまま山雅の前進の軌跡だったのではないでしょうか。

山雅に殆どサポーターがいなかった北信越2部時代。
当時、既に1部の強豪であった長野に対して、「信州ダービー」を焚きつけ、先に仕掛けたのは山雅だったと聞いています。

それ以降、常にダービーにおいて熱くなったのは「松本」の方でした。
クラブやボランティアは集客や試合の準備に尽力し、サポーターはいつも以上に盛り上げるために策を練る。
その熱に対して、選手たちは気持ちの入った戦いを見せ、応える。
長野相手に勝ち試合は、いつのどんな試合であっても、山雅に携わる全ての人々の団結と、圧倒的な意思の強さで勝ち獲った試合だと断言できます。
そんな「One sou1」の原点とも言うべき精神が、ダービーで育てられてきたもののように思うのです。
そして、それぐらい僕らにとってこの試合は、重要な意味を持つ試合なのです。 

だからこそ、僕はこの戦いにはこだわりたい!
天皇杯でJクラブと戦うこと以上に、長野を倒すこと。
そして状況が変わろうと、今まで以上に気持ちを込めて戦い、松本山雅こそがこの信州で頂点に立つクラブであると証明すること。

例え井の中の蛙といわれようが、関係無い!
長野相手には絶対に勝たなければならない。

ここでやらずに、いつやるって言うんですか! 

僕らがダービーで狙うのは、いつだって完全勝利です。
完全勝利とは、ピッチ上でもスタンドでも、あらゆる点で松本が長野を圧倒し尽くすことです。
その為に、これを読んでいるあなたにも、ピッチで戦う選手を支えてほしいと思っています!

どうか普段の基準をもう一つ越えて、いつも以上の熱いサポートをお願いします!
そして、皆の力で「King of 信州」を掴み取りましょう! 
 
さあ、ダービーを戦う準備はよろしいでしょうか。
松本と長野、どちらが「信州」に相応しいか、証明する準備はよろしいでしょうか。

勝負は熱い方が勝つ。
執念で挑んでくる長野に対しても、負けない気持ちで臨もう。

さあ、準備が出来たら行こう!

長野を蹴散らし、「信州」を掴み取りに!!
 


« 1 ... 11 12 13 (14)

back to top


**** ウ ル ト ラ ス マ ツ モ ト Web Site ****

Copyright © 2010 ULTRAS MATSUMOTO All Rights Reserved 全ての画像・文章の無断転載を禁ず。